未来景イノセンス

古来、流れ星は「天狗(アマツキツネ)」と呼ばれていた――。

著:まらしぃ

イラスト:キツネ

marasy piano world ストーリー 特典情報

人気ボカロ楽曲『アマツキツネ』をはじめとする「キツネ」シリーズ、まらしぃ自らの手で完全ノベライズ! !

Illustration by 六七質

試し読み1 試し読み2 試し読み3 試し読み4 試し読み5 試し読み6 試し読み7 試し読み8 試し読み9 試し読み10 試し読み11 試し読み12 試し読み13 試し読み14 試し読み15 試し読み16 試し読み18 試し読み19 試し読み20

PHP研究所 定価:本体1,200円(税別)

2015年1月30日発売

早期購入特典
『未来景イノセンス』のアレンジバージョンを期間限定で配信!

【初音ミク】「未来景イノセンス」【オリジナル】

『アマツキツネ』とは

2012年8月13日にまらしぃがYouTubeとニコニコ動画に投稿した鏡音リンオリジナル楽曲。天を駆ける流星をテーマにした楽曲で、古き日本のような和を基調とした世界を舞台に、流れ星になってしまった母親を想う子狐の物語が描かれている。キツネが描く可愛らしい狐姿の鏡音リン、まらしぃ得意のピアノ伴奏、世界観を見事に表現した動画が話題となった。また、楽曲公開の約1年後には、続編となる『弧ギツネの乱』が公開された。